ガンで余命わずかの友人に『スター・ウォーズ エピソード1』を見せるためスカイウォーカーランチへの侵入を目指す青春・コメディ・ロードムービーを日本で観たい!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄国際映画祭レポート

3月27日、沖縄国際映画祭でのジャパンプレミア上映に合わせて1泊で行ってまいりました!東京に戻ってあまりの寒さにこごえてしまったローグ中隊です。

私は1泊だったんですが、Organaさんは金曜日からの沖縄入り。とりあえず私の方が先に東京に戻ったので私がレポート書きますが、Organaさんもよろしく!ってことで。

監督のカイル・ニューマンさんは金曜日に成田に到着、そこから那覇入りされてましたが、私が沖縄に着いたのは上映が行われる土曜日27日の午後3時近く。
たまたま同じ便に501st日本部隊の副隊長も乗っていたので、機内で「じゃ、このあとは会場で」と軽くごあいさつ。

那覇空港からメイン会場 宜野湾市の沖縄コンベンションセンターへは車で30~40分程度。私はコンベンションセンター近くのホテルに予約をしていたので、まずはホテルにチェックインし、午後4時ごろに会場入りしました。

コンベンションセンター


ほどなくOrganaさんとも合流し、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)のスタッフの方に電話連絡。

カイル監督からはメールで「沖縄で会おう」と言われていたもののどう連絡したらいいのか、と考え、「そうだ、監督に同行されるCCCさんに連絡すれば監督に会えるんじゃないか」ということでCCCさんに合流をお願いしていたんです。

午前中、首里城などを観光し、沖縄のTSUTAYAでのPR活動もされていた監督一行とは、コンベンションセンター近くのホテル(=私の宿泊ホテル)で待ち合わせることにし、私とOrganaさんはホテルへ。

しばらくすると...やってきました!監督!!興奮気味に入り口で出迎えごあいさつ。
監督は「レッド・カーペットを歩くので着替えてくるね」とホテルの一室へ消えていきました。
私たちもCCCのみなさん、サポートの501stといっしょにホテルの控え室でしばらく待機後、午後6時15分ごろに監督と合流すべく別の控え室(ホテルのバーラウンジ)へ。
控え室にはファンボーイズの応援隊としてお笑いの「ハイキングウォーキング」のお二人も!
そこへネクタイにジャケットの監督がお見えになりました。

カイル監督

ハンサムでいかにもやさしそうなカイル監督。なかなか素敵です。


上映前にはレッド・カーペットを歩き、取材を、ということで、しばらく控え室での待機後、レッド・カーペットを歩く監督、501stの2人(ストトルとボバのコスでした)、ファンボーイズ公式ブログでもおなじみ「トルパ娘」さん、そしてハイキングウォーキングのみなさんはホテルからリムジンに乗り込み、会場入りしました。
我々はスタッフといっしょにリムジンの後ろを走るバンに乗せてもらい、会場へ。時刻は午後7時を少し過ぎたところでした。

レッド・カーペットの左右にはたくさんのファンが監督を待ちわびていました。私たちはバンを降りると走ってレッド・カーペットに行き、かろうじて私は2枚ほど写真をとることができました。そのうちの1枚です。

レッド・カーペット

レッド・カーペット後は取材対応。

インタビュー

インタビュー

さていよいよ上映時刻も迫ってきました。
と、ここでようやく沖縄でファンボーイズ日本公開を目指す会のPRポストカード配布等、署名活動にご協力いただいたhide.comさんと合流できました。先に連絡もらっていたんですがスタッフと行動をともにしていたため、お会いするのが遅くなってしまいました。

さて、会場へ。

会場となったのはコンベンションセンターのシアター1。
なかなか個性的な建物。

シアター1

会場では上映に先立ち、監督、501st、トルパ娘、そしてハイキングウォーキングとさきほどレッド・カーペットを歩いた面々がステージに登場、舞台挨拶が行われました。
監督は「この映画の脚本が来たときは、映画化するほかに選択肢はなかった。ファンとして、そしてフィルムメーカーとして、断る理由がなかった。結局6年かかったけれど、この映画にたずさわり、多くのコメディアン、SF映画のアイコンたちと一緒に仕事ができて本当にうれしかった。」と熱く語ってくださいました。

上映時間が午後7時25分からと遅かったこともあり、観客が会場を埋め尽くす、とまではいきませんでしたが上映後には拍手が巻き起こり、観たみなさんはきっと作品に満足してくれたものと思っています。
私も既に何度もファンボーイズを観ているものの、スクリーンで観るのは初めてで、日本語字幕もあったことで、非常に楽しめました。

素敵な作品を作ったカイル監督には改めて感謝です!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
JAPAN Official Site
最新記事
最新コメント
リンク
ブログランキング登録中
くる天 人気ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。