ガンで余命わずかの友人に『スター・ウォーズ エピソード1』を見せるためスカイウォーカーランチへの侵入を目指す青春・コメディ・ロードムービーを日本で観たい!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンボーイズのブルーパー・イースターエッグ・トリビア集 その1

ファンボーイズの日本版DVDが発売されて10日、そろそろこのテのネタをご紹介してもいいころかな~と思いまして、わたくしローグ中隊がすこしずつ映画「ファンボーイズ」を掘り下げていきたいと思います。

まずはブルーパー。ヘマというかNGというかがそのまま使われているものです。
あくまで私が気がついたところだけなので、みなさまからの情報もお待ちしていますよ~。

まずは非常~~にわかりやすいところ。みなさんもお気づきかと。


スカイウォーカーランチを目指して疾走するハッチ(ダン・フォグラー)のバン「SLAVE2」号。

ペイントがステキ。

SLAVE2

新たなる希望のポスターデザインがカラーで描かれ、前のドアにはオーラベッシュ(スター・ウォーズで使われている文字ね)が赤の文字で綴られていますが...なぜか左右が反転して書かれてるんです。
書いてある文字は「SYOBNAF」ということでFANBOYSが逆につづられ、しかもそれぞれの文字が左右反転している~。
う~ん、これは意図的なんでしょうか...謎です。

ということで、それは余談でして、どこがブルーパーかと言いますと、ウィンドウズ(ジェイ・バルシェル)が「LIFETIME PARTNER」と呼ぶローグリーダーに会いにテキサスのカフェ「JAVA THE HUTT」に行ったシーン、カフェに入る前、車を降りたときにはバンにカラーで絵が描かれているんですが、カフェを出たあと、車に戻ったら...モノクロのペイント、オーラベッシュの文字も赤から白になってしまいました。

SLAVE2

SLAVE2

モノクロのペイントになってるのはこのシーンだけなんですよね~

DVDに収録されているオーディオ・コメンタリーでこれについて語られてましたが、このシーン、撮影し直ししたものだそうで、ペイントが時間の経過で色あせちゃったんですと。
そういうワケだったのかあ~



もうひとつのブルーパーは小ネタですが...

車がパンクしちゃったあととぼとぼと歩く一行がやっと見つけたバー。そこでコワそうなおにいちゃんたちの歓迎を受けるシーンで、ライナス(クリス・マークエット)が「メヌードで脱げってか?」と言ったら、おにいちゃんがボトルをガチャンと割って脅しますが...体格の良いおにいちゃんがテーブルにボトルをぶつけたところ見事に粉々になっちゃってボトルの首のところしか残らなかったはずなのに,,,

GLASS




一瞬後、おにいちゃんの右手には、いい感じに割れたボトルが握られてました。

GLASS



ということで次回もお楽しみに~~
スポンサーサイト

ぴあでファンボーイズをおススめ!

とっても久しぶりに「ぴあ」を購入したローグ中隊です。

ぴあ

4月15日の木曜日に発行された「ぴあ」(ああ、アリスも早いとこ観たいなあ)の「ススめる!編集会議」コーナーにある「ススめる!映画班」では編集者たちがススめる3作品が紹介されてるんですが、そのうちの1本がファンボーイズなんですよ。

一部を紹介しますと...

一時は危ぶまれたんですけど、「『ファンボーイズ』日本公開を目指す会」が署名活動を展開して、公開へとこぎつけたんですよ。とにかくSWファンによるSWファンのための映画。でも、これでもかのパロディネタ、オマージュネタは、あまりにポピュラーだから、ファン以外でもきっと楽しめるハズ。

おススめしてくれてありがとおぉ。


そしてもう1冊、もう出てるって話はずいぶん前から聞いてたんですが今日やっとゲットしたTSUTAYA CLUB MAGAZINEの4月号。

もうとっくに見たよって人も多いかと思いますがまだこちらのブログでは紹介してなかったので。

TSUTAYA CLUB MAGAZINE

TSUTAYAロードショーの紹介ページで、わたなべりんたろう氏が書いてくれています。

TSUTAYA CLUB MAGAZINE

...、今後リリース予定の「ファンボーイズ」は内容のクオリティだけでなく、公開署名活動した方々の吹き替えへの参加やスタッフの来日なども話題である。


このほか、ネットでの評論でも高評価をいただいていてうれしい限りです。


23日の前夜祭のチケットも残り20席を切りました。
よし行ってみようと思ったアナタ、いますぐチケットを予約だ!

[WEB]  http://q-ax.smartreserv.jp/
[MOBILE]  http://q-ax.smartreserv.jp/m/

音楽も楽しんで!

今夜の東京、雨かと思ったら今の時間はなにやら白いものも混じっている~~
4月も半ばだというのに真冬の寒さに震えるローグ中隊ですが、1週間後からは熱い熱い思いで実現したファンボーイズの劇場公開だ!ということで気分を盛り上げていきましょう。

さて、ファンボーイズの舞台はご承知の通りエピソード1の公開を翌年に控えた1998年。
劇中には当時の雰囲気を再現するように、音楽も90年代後半のものが使われているんです。

その中でも私の携帯音楽プレイヤーでヘビーチューンナンバーとなっている2曲をご紹介します。

まずは、The Presidents of the United States of Americaの"Lump"。

the Presidents of USA

ストレートなロック! アメリカのまっすぐな道を疾走するロードムービーにピッタリな元気のいいロックンロールですね!


そしてもう1曲は、"Lump"とはうって変わってアコースティックギターが切ないメロウなRemy Zeroの"Fair"。

Remy Zero

ファンボーイズで使われている曲の中で最も好きな作品です。沖縄でカイル・ニューマン監督に劇中で使われているRemy Zeroの"Fair"が大好きだ、と言ったら、監督も「ウン、いい曲だよね~」と。
エモーショナルな1曲です。

このほかにも楽しい曲、素敵な曲がたくさんですので、ぜひ劇場に何度も足を運んでストーリー、キャスト、音楽と十分に楽しんでください。

で、まずは前夜祭ですね!

[WEB]  http://q-ax.smartreserv.jp/
[MOBILE]  http://q-ax.smartreserv.jp/m/
からぜひ予約を~
そして24日からの公開もぜひに!

GyaO!にて、『ファンボーイズ』のオンライン試写会のお知らせ

こんにちは~Organaです。
ファンボーイズ劇場公開まであと12日!
前夜祭までは2週間を切りました。

前夜祭のチケットも随分埋まってきましたが、まだ少し空席があるようです。
お仕事の都合がついた方は是非前夜祭に来て下さいね。
[WEB]  http://q-ax.smartreserv.jp/
[MOBILE]  http://q-ax.smartreserv.jp/m/

さて、新しい情報です。

Yahoo!JAPANのGyaO!にて、『ファンボーイズ』のオンライン試写会があるそうです。


応募条件: Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方
当選人数: 300名様
実施期間: 4月15日(木)0:00ごろ〜4月21日(水)23:59ごろ
※ 開始・終了時間は予告なしに多少変動する可能性があります。ご了承ください。

今はまだ抽選ページに進むことが出来ませんね。
4月15日頃から出来るようになって、抽選して当たればその場で見れるってことでしょうか。

なんにせよ渋谷での劇場公開に先がけて無料で見れるのは凄い。
近くにTSUTAYAがないからレンタルも出来ないよ~という方は是非応募してみてください。

香港版のVCD

たまにはローグ中隊の小ネタで、ってことで今日はちょっと珍しいディスクをご紹介します。

タイトルにあるように香港版のファンボーイズビデオCD(DVDじゃなくてVideoCD)です。

VCD

VCD

玩轉星球大戦というタイトルです。星球大戦というのはスター・ウォーズのことですよね。玩具の玩に転...なんかコメディ風の感じがしないこともないかと。

こちらのVideoCD、ジャケットサイズは横約12.5センチ、縦約14センチとCDジャケットよりは一回り大きいものです。
2枚組みになってまして、ちゃんとPCで再生できました。
1枚目には約50分間のストーリーが、そして2枚目は残りの約40分が収録されてまして特典はなし。

VCD

ちゃんとレーベルも印刷されてるし正規のリリース品のようです。

音声は英語、下に中文字幕と英語の字幕がついていました。画質はいまひとつですが、字幕が楽しめました。


主役5人の中文はと言うと

エリック:艾力 (艾はよもぎ、もぐさと読むそうですよ)
ライナス:連勒斯
ハッチ:哈斉 (実際はもっと難しい斉の字でした)
ウインドウズ:温度斯
ゾーイ:若伊

でした。

チューイは長毛 なんか読み方も意味も両方あってる感じですよね。
また劇中、ローグリーダーというニックネームの人が出てくるんですが、これは遊侠首領 おおそうなると私ことローグ中隊は遊侠中隊てえことになるんですね、なんか自堕落な感じだ。

さてこれはもうお解りかと思いますが...天行者的牧場





そうです、天行者的牧場...スカイウォーカーランチ!!

天行者的牧場を目指す5人に 萬事皆有可能!(不可能なんてないぜ)

「Fanboys」(ファンボーイズ) 日本語吹き替え版 本収録

こんにちは 投稿はOrganaです

まずはこの画像をご覧ください。
fanboys-12.jpg

日付に注目

12月25日 つまり昨年のクリスマスの日です。

そうなんです、実は昨年のクリスマスの日、既に声優さんによる吹き替えは終わっていたのです。

そして、Fanboysが日本語吹き替え版として生まれていく様を、幸運にも私はその場で見る事ができたのです!



朝10時。既に声優さん、監督はじめ製作スタッフの皆さんと翻訳をされた大森久美子さんがいらっしゃいました。

私はこちらに控えて見させて頂くことに。
fanboys-13.jpg

こちらがファンボーイズ日本語吹き替え版の台本です(^^)
fanboys-14.jpg

中をちょっとだけお見せしましょう♪
fanboys-15.jpg

ここにはローグ中隊さんが悶絶するだろうセリフが(笑
fanboys-16.jpg
ローグ中隊さんが自主制作したワッペンに刻まれた文字はまさにこれなのです。


本番が始まりました。
私は台本を見せていただきながら、この部屋からは見えない声優さんたちの声を聞きます。

オープニング
「ちょっと前 わりと近所の銀河系で・・・・」
低くてよく通る素敵な声が聞こえてきました。

モニターがあって映像が流れているのでそれと同時に声が入ってくる。

感動したのは言うまでもありません。鳥肌がっ!
これが日本語版なんだ。こうして始まるんだ!

吹き替えは本当に大変です。
イントネーションの違いもチェック、言葉もその場で「ここは日本人にはわかりにくいからこっちに変えましょう」と細かくチェックが入ります。

10分ほどの吹き替えに要する時間は1時間近く。
皆さん妥協を許さず、何度でも何度でもやり直します。
声優さんも「はい、わかりました」と嫌な顔一つせず繰り返す。
皆さんの素晴らしいプロ意識を目の前にして、私はただ感動するばかり。

先日行われたファンによるアフレコとは全く違う張り詰めた雰囲気の中、日本語版は作られていました。

がっ......

そんな緊迫した雰囲気でも、映画そのものは面白いシーンがいっぱいあるわけですよ。
そうそう、これはコメディ映画 (^^)b
そんなときは笑いをこらえるのに大変で、手で口をふさいで「うぐぐぐ・・・」って必死でこらえてました(笑

皆さん、期待しちゃって下さい。
スター・ウォーズのファンなら最初のナレーションから心を鷲づかみにされること間違いなしです!

『ファンボーイズ』吹き替え版に、日本のファンボーイズ&ガールズが参加 当日の模様

久しぶりの投稿はOrganaです。

既にsummmer2005さんからこのことはこちらのブログでもお知らせしてありましたね。

『ファンボーイズ』吹き替え版に、日本のファンボーイズ&ガールズが参加!

1月31日に行われたこの収録は私も参加させて頂きました。
そして、アフレコの模様を携帯を使って私のブログにリアルタイムで投稿してました。
その記事を一つにまとめました。


10:23
【本日ファンボーイズの吹き替え】

fanboys_japan-1.jpg 
ファンがガヤ収録をします。コスプレーヤーが大集合!!

アナキン/パドメ/レイア/ルーク/オビ=ワン/ゴング/ダースモール/バリス/ジェダイ/サンド・トルーパー/ストーム・トルーパー/タイファイター・パイロット/ダース・ベイダー

すっごいよ!なんて贅沢な空間でしょう。
セレブレーション・ジャパン以来です。

これからリアルタイムでアップしていきます!


10:45
【収録室です】
100131_104306.jpg
コスプレの皆さんは着替えがおわりました。

スタッフの方も準備が進んでいます。

そろそろかな・・・


11:20
【まずは練習です】
100131_111904.jpg
Fanboysをまだ見ていない方が殆ど。
皆が声を担当するシーンが出ると「おお~~~っ!」と歓声が上がりました。

監督さんからどんなふうにやればいいか、声の大きさはどれくらいかなど色々教えて頂き練習が始まりました。

みんなノリノリですよ!!


11:37
【取材が始まりました】
署名活動を始めた経緯などをsummmer2005さんがマスコミの方々に説明しています。

参加団体の紹介もありました。
今日は501日本部隊とシェダイ・オーダーの皆さんに集まって頂きました。
ヲタ9からもローグ中隊さん、まるさん、nackoさん、dora-swさん、そして私、Organaが参加しました。


11:49
【公開収録のはじまり】
100131_114710.jpg
マスコミの方を前にしてアフレコ開始です!

11:59
【集合写真】
fanboys_japan-2.jpg
ベイダー卿とパドメへのマスコミからの質問コーナーなどもありました。

取材の最後はコスプレの皆さんの集合写真。
これがきっとネットでみられると思います。
私はお邪魔にならないように横から撮っていますが、勿論正面のアングルで出ますよ。
楽しみですね!


12:20
【本収録がはじまりです】
fanboys_japan-3.jpg
エピソード1公開前を想定してそれぞれ役割を決めて会話します。

楽しそうにやってますよ!


12:30
【ノリノリ!】
100131_124126.jpg
パワー全快で頑張ってます、でも結構大変そうですよ。


1:00
【ベイダーのアフレコ】
fanboys_japan-4.jpg
やはりヴェイダー卿は何をやっても素敵です!

これで収録はおしまい。
ファンが日本語吹き替え版に参加できるなんて、本当にいい思い出になりました。
TSUTAYAさん、有難うございました!

皆さんお疲れ様でした。



もっと詳しい模様はsummmer2005さんのほうからお伝えします。
お楽しみに!

幻の上映会

かわはらです。

前回予告したように、去年のセレブレーションジャパン(以下CJ)で「ファンボーイズ」が上映できたかも・・・というお話。

と、その前に・・・
そもそも去年のCJでは本来「スター・ウォーズ」こそ記念に上映されるべきだし、実際C4とかでは
全作のマラソン上映が行なわれていました。
だからCJでは当然上映を行なうべきだし、実際、開催に至るまでにそういった提案は再三なされていたものでした。

これがなかなか進まなかった理由は、会場自体がどのような形になり、どのように運用されるかが固まってなかったからです。で、開催が近づいてくるとさすがに映画を上映できるスペースが予算的にも作れないことがわかりました。そんな頃に、「ファンボーイズ」を製作したワインスタインカンパニーから突然、私のところにメールが届きました。それは、
「ファンボーイズって映画がきのう完成したんだけど、セレブレーションジャパンで上映できないか相談したいんですよ」
というものでした。
個人的には「なんだって見ず知らずの人がよりによって自分にこんなこと相談してきたんだ!?」
と半ばパニックになったんですが、メールをくれたプロデューサー氏曰く、
「ルーカスフィルム(以下LFL)のマッカラムに聞いたらあなたに相談したら、と振られた」とのこと。
んでもってさらにパニック(笑)
「なんでマッカラムがよりによって自分にこんなこと振ってきたんだ!?」
という状態でした。
でまあ、それからはTVの本業をしながらアメリカと日本の関係各社を巻き込んで大騒ぎをしたんですけど、最終的には前述したように、「上映場所がない」ということで、話は立ち消えになってしまいました。

あの時、もう少し早く連絡が来たら、CJで上映されていて、その結果、日本での一般公開も順調に進んでいたと思います・・・

さて、この話には続きがありまして・・・
結局、上映場所はないんだけど、考えてみれば会場となる幕張にはシネコンがあるから、
そこで有料でもいいから上映したらどうだろう!?となりました。
で、LFL的にはOK!
しかもエピソード1~6までシリーズ全作のマラソン上映がOK!という返事が来ました。
で、20世紀FOXの方でもプリントを用意して準備万端!・・・・となったんですが・・・・

肝心のシネコンの方に断られてしまったんです。
せめて第1作だけでも・・・と粘りましたが、これも却下。

でもね、いくらなんでも「日本での公開30周年」を記念上映なしで済ますのはどうしても抵抗がありましてね。

というわけで、最後の粘りで、「せめてどこか近くの劇場で1作目だけでも・・・」と動いて、
結果、舞浜のイクスピアリで1回だけ上映できることが決まりました。
これがCJの約1週間前の段階です。
その後、告知、チケット販売、などまあ大騒ぎでしたけど、結局完売して上映自体も大いに盛り上がったそうなので(私自身は行けなかったんです。発起人なのに!)、良かったなぁ・・・と思っています。

「ファンボーイズ」も是非上映を実現させて、多くのファンの人たちと共に楽しんでみたいです。

スカイウォーカーランチ

こんにちは Organaです
昨日、サマーウォーズを見てきました。お客さん満席でした、凄い人気ですね!
なかなか面白かったです(^^)


さて、今日はスカイウォーカーランチについて書こうと思います。
ここね♪
skywalker-runch-2.jpg


スター・ウォーズのファンになって間もない頃の私は、スカイウォーカーランチって何かの食べ物だと思ってましたよ。だって、「ランチ」って食べ物でしょ(笑)
「農場」って意味があるなんて知らなかったもん。

エピソード3のメイキング本を買って、初めて食い物ではないことを知りました、わはは!

スカイウォーカーランチ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スカイウォーカーランチ (Skywalker Ranch) は、アメリカの映画制作会社ルーカスフィルム本社が入るスタジオの総称。住所は、カリフォルニア州マリンカウンティ。ランチ内にはルーカスフィルムの本社機能と傘下のスカイウォーカーサウンドが入る。選ばれた者しか入る事ができない。
この大きな敷地は、ジョージ・ルーカスが、「スターウォーズ」の収入で購入し、設立した。ハリウッドのメジャースタジオと一定の距離を置き、自分の映画に対する理念を追求したいとのことから、サンフランシスコに居を構えた。広大な土地は、外観が農場にしか見えない。よって、ここをRanch(農場)と名付けている。メインオフィスは、農場を経営する家族の家、テックビルは、ワイン工場といったように、ルーカスはこの地に架空のストーリーを構築している。


この中には人口の湖・消防署もあるんです。
そして、この中のスタジオでスター・ウォーズも作られたんですよね。

つまり、この中にはスター・ウォーズのすべてが詰まってる、ファンにとっては聖地な訳です。

スカイウォーカーランチの内部の様子を掲載しているところを見つけました。

『FILM SCHOOL REJECTS』
画像にはゲームのThe Force Unleashedを開発してるところが写ってる!


EP2公開の際にはヘイデン・クリステンセンもこのスカイウォーカーランチでインタビューを受けていたんですよ。動画は重くて掲載できなかったので画像だけ。
skywalker-runch-3.jpg

私たちが署名活動をしている映画「Fanboys」では、余命わずかの友人にスター・ウォーズ エピソード1を見せてやるために(公開は決まっていたけど、それまで友人の命がもたないから)スカイウォーカーランチに忍び込んで、出来上がっているだろう映画を見せてやろうとするんです。

私は今のところ至って健康ではあるのですが、スカイウォーカーランチに入れるものならそりゃ入りたい。
だけど、wikiにも書かれているように「選ばれた人」しか入ることができないんです。
私が選ばれるなんてこと、ありっこないですもんね~(TT)

選ばれた人から聞いたお話ですが、映画の中ではいとも簡単に侵入してますがあり得ない話だそうです(笑)
だよねー!

まあ、そこを入れちゃってるところがコメディ映画なのですが。

そんなこんなの映画「Fanboys」をぜひ日本の映画館で、字幕をつけて観たい!
と思ってます。

どうか、署名に協力をお願いします(^^)/

トレッカーも一緒に観ませんか

こんにちは~暑いけど風が爽やかになってきましたね。
Organaです

先日まるさんが記事の中で画像を出していたように、「Fanboys」はスタートレックのファンも登場します。
これはスタートレックのサイトでも取り上げられていましたよ。
treckmovie.jpg


カイル・ニューマン監督のインタビューが載っていました。
監督はスター・ウォーズのファンでもあると同時にスタートレックのファンでもあるそうです。
だから、スタートレックのファンにも是非この映画を観てもらいたいって書かれてあります。

映画の中ではスター・ウォーズのファンとスタートレックのファンが何度か争うシーンが出てくるんだけど、これがこの映画の楽しさの大きなスパイスになっています。
とても大らかで明るく描かれているんです。

例えばこんなの
続きを読む

クリステン・ベルちゃん、かわいい~

こんばんは、dora-swです。

Fanboysの特徴の1つとして、出演している俳優さんたちが、
超有名!なハリウッド俳優ってわけではなく、
これから更なる活躍が期待される俳優さんたちである、
ことだと思います。

正直な話、私も出演されているみなさんの名前を見て、
すぐに、「あ!あの人ね」と顔と作品が一致しなくって、
思い出すまでに時間がかかってしまいました(汗。

続きを読む

こんなサイトを見つけました

投稿者はOrganaです

「Fanboys」で検索してみたらこんなサイトを見つけました。
flixster.jpg

castの画像のなかにキャリー・フィッシャーがいます。
この画像をクリックするとそれはそれは笑顔の素敵なレイア姫が見られます。

映画「Fanboys」ではお医者様として出演していますよ。
お楽しみに!


FanboysなTシャツ

こんにちは、フィール・ザ・フォースのローグ中隊です。

日本での公開を目指すFanboysですが、この作品ではいろいろなTシャツを見ることが出来ます。

とりあえず「Fanboys(ファンボーイズ)」日本公開を目指す会のトップにあるFanboysの予告編を見てもこの通り。

予告編1

予告編2

予告編3

一番上の画像ではジェイ・バルチェルがBOUNTY HUNTERSと書かれたシャツを、そしてダン・フォグラーはSTAR WARSのロゴTシャツを着ています。
2番目の画像ではクリス・マルケットがGIジョーのTシャツを、一番下の画像でジェイ・バルチェルが着ているのはXメンのTシャツ、といった具合にいかにもオタクっぽいTシャツがたくさん登場しているので、キャストの衣装に注目してみるのも楽しいと思いますよ。

そのためにも公開をなんとか実現しなきゃですね。
JAPAN Official Site
最新記事
最新コメント
リンク
ブログランキング登録中
くる天 人気ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。